格安スマホ!そもそも格安スマホって何?

●格安スマホについて

よくCMなどでスマホの月額料金が安いといったものをよく見ますが、ドコモやau、ソフトバンクといったい何が違うんでしょうか?

また、格安スマホという言葉を見たり聞いたりすることがありますが

格安スマホって何?と言う人も多いかと思いますので、いろいろと調べてみました。

・どうして安いのか?

テレビCMなどで、YモバイルとかUQモバイルとか格安のスマホ料金を聞く事があると思いますが

ドコモやau、ソフトバンクといったい何が違うんでしょうか?

例えばYモバイルの場合、Yモバイルはヤフーの格安サービスになりますが

そもそも、ヤフーの親会社はソフトバンクですので、ソフトバンクの子会社になるわけです。

では、なぜソフトバンクという携帯会社がわざわざ同じような携帯会社を作るのか?って思われますよね。

本当は、ソフトバンクも格安のYモバイルとか始めたくはなかったのだと個人的には思います。

ただ、時代の流れで、格安スマホとか格安SIMとか、他の企業からの格安料金での参入などがあり、それに対抗するために

ソフトバンクの格安携帯会社としてYモバイルがスタートしたのだと思います。

それでは、ソフトバンク自体が格安サービスを始めたらいいのに・・・

そう思われる方も多いでしょう。

そういう私も最初はそう思いましたから!

ただ、ソフトバンクのライバルは、ドコモでありauです。

ドコモも、auも、今の格安スマホとは一線を画して、従来の料金で行っています。

というより、通信速度やサービスを充実させて、お客を満足させるためには、それなりの設備やサービスが必要になるため

ある程度の料金は必要になるのです。

ですので、格安スマホや格安SIMというのは、そうしたドコモやauやソフトバンクと比べると、通信速度やサービスなどで劣るところがあるってことですね。

いずれにしても、利用者がサービスや料金を自由に選ぶことができるようになったのは、良いことだと思います。

・そもそも格安スマホとは?

先ほどの、Yモバイルも、格安スマホと言う事になりますが、他の格安スマホや格安SIMとは、少し違うところがあります。

一般的な、格安スマホというのは、いろいろな会社がドコモの回線を借りて、それを格安で利用者に提供していますが

Yモバイルは、ドコモの回線を借りているわけではなく、ソフトバンクの子会社という位置づけになりますので

その点で、一般的な格安スマホとは違うというわけです。

ただ、料金が安いという意味では、格安スマホと言っても問題ないようです。
・格安SIMとは?

一般的な格安スマホの場合は、ドコモやau、ソフトバンク、そしてYモバイルとは異なり、

SIMフリー端末と呼ばれる「格安スマホ端末」と携帯電話やスマホを使うためのSIMと呼ばれるチップを、ドコモやau、ソフトバンクのものではなく、格安のSIMを使う事で料金を安くするものです。

要するに、格安のスマホ端末と格安のSIMを使う事で、通常の携帯会社のドコモやau、ソフトバンクよりも安い料金で使えるというわけです。

ただ、回線はドコモやauの回線を借りているので、通話エリアは、ドコモやauと同じになりますが、

通信速度やサービスで、ドコモやau、ソフトバンクの携帯やスマホよりも劣ってしまうデメリットもあります。

そうした点も理解した上で、毎月の携帯料金を安くするのであれば、良い節約になると思います。

格安スマホ端末や格安SIMの種類にもよりますが、だいたい通常のドコモやau、ソフトバンクの料金よりも、半額かそれ以下にもできますので、

通話やサービスなどで必要ないものがあれば、ぜひ一度は検討しても良いですね。

・まとめ

格安スマホにも、いろいろな会社がありますが、例えば1ヶ月で2,000円の節約ができれば、1年で24,000円の節約になりますから、かなり大きいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする