節約のための保険の見直しと保険の種類

節約のために保険の見直しをしてみようと思ったのですが、そもそも保険にはどんな種類があるのか?今回調べてみました。

大まかな分類かもしれませんが、種類としては以下のような保険があるようです。

それぞれの保険についてわかる範囲で調べてみましたので、あなたの保険がどれに当たるのか?その保険の見直しで、どれくらい節約できるのか参考にしてみて下さい。

・医療保険とは?

医療保険とは、その名の通り、病気やケガでかかった治療費の負担を助けてくれる保険ですね。

国民健康保険や社会保険などの公的医療保険もありますが、一般的には入院費や手術代などの負担を助けてくれる民間の保険の事を指します。

保険料は、加入する人の条件や保障内容によって細かく違ってきますので、私もそうでしたが、多くの人が内容をよく理解していないまま契約している人も多いと思います。

保障内容については、入院給付金日額、いわゆる、入院1日について支払われる保険料のことですね。だいたい、1日5,000円から1万円というのが一般的みたいです。

なお、保険の契約の中には、入院支払限度日数というのがあって、同じ病気の場合で何日までの入院だったら保険金が貰えるかというのあります。

あとは、手術給付金ですね。こちらは1回の手術について支払われる給付金になりますが、手術の内容や保険の契約内容によって、給付金が貰いるものと貰いないものがあるので、この辺りは見直しのポイントになるかと思います。

・傷害保険とは?

傷害保険とは、ケガや事故を起こしたときに保障してくれる保険です。

ただ、先ほどの医療保険と何が違うのか?と思った人も多いかもしれません。

簡単に言えば、医療保険は、入院費や手術代などの負担を補助してくれる保険で、傷害保険は、突発的なケガや事故に対して保険金が支払われるといった違いがあります。

ですので、病気での入院や手術代の保障はしてくれませんので、病気での入院や手術代については、医療保険に入っていたほうが良いです。

多くの方は、なにかしらの医療保険と傷害保険の両方に入っているのではないでしょうか?

なお、医療保険に入るためには、過去の病気歴などいくつかの条件が必要になる場合が多いですが、傷害保険の場合は、比較的誰でも入ることができる保険です。

あなたは医療保険と傷害保険のどちらに入っているのかこの機会にぜひチェックしてみて下さい。

・死亡保険とは?

死亡保険とは、こちらもその名の通り、死亡した時に支払われる保険になります。

生命保険や死亡保障と言ったものも、同様の保険になるようです。

なお、本来の目的は、死亡した人の家族のための保険で、残された家族の生活を経済的に補助するための保険になります。

ですので、医療保険や傷害保険のように、ケガや病気などは対象外になります。

要は、死亡した人の葬儀代や家族の生活を助けるための保険という事ですね。

・がん保険とは?

がん保険は、がんに対する保険となりますので、がん以外の病気については対象になりません。

なお、一般的な医療保険では、入院支払限度日数の設定がありますが、がん保険の場合は、日数の限定がないものが一般的です。

がんの場合は、長期の治療が必要になる場合も多いため、このように日数の限定がないものが多いようです。

ただ、がん保険の中にも、いろいろな保障内容があって、治療の内容だったり、入院以外の通院や自宅療養などによっても、保障の内容が異なる場合が多いようです。

また、がん保険に入ってから、例えば90日以内は、がんと診断されても保険が適用されないなど、免責期間などもあるので、契約する際には、そうしたところも注意してみる必要がありそうです。

いずれにしても、現在は、多くのがん保険がありますので、自分に合った保険かどうか、一度チェックしてみる必要はありますね。

・学資保険とは?

学資保険は、子供がいる家庭では、将来の子供のために保険をかけていると言う人も多いと思います。

こども保険と言っているところもあって、子供の進学や教育費の負担を軽減することが目的になります。

また、学資保険には、傷害特約や医療保険特約など、本来の学資保険とは別に特約を付けることもできますので、子供さんがケガや病気で入院した場合に、保険料が貰えることもあります。

ただ、保険の種類によっては、支払った保険料と最終的に受け取る合計金額の割合が異なる場合がありますので、その辺は要チェックですね。

子供の成長に合わせながら、将来どうしていくのか?どうさせてあげたいのか?そうした事も節目節目で考えて、保険を見直してみるのも良いと思います。

・個人年金保険とは?

個人年金保険とは、公的な年金以外に、個人で将来年金が貰えるようにするための保険です。

今の世の中は、将来的に国の(公的)年金は当てにならないといった風潮もあり、自分の事は自分で守るという人たちも多くなっています。

貰える金額は、保険の内容にもよりますが、積み立てた金額によって、支給金額も変わってきます。

また、個人年金保険には、確定年金や終身年金、有期年金、夫婦年金などの種類もありますので、

将来、どれくらいあれば暮らしていけるのか?など、物価やその時々の時代に合わせながら保険を見直していく事も大切だと思います。

・まとめ

このように、ひと口に保険と言っても、多くの種類があります。

また、ここでご紹介できていない保険もたくさんあります。

こうした保険と言うのは、時代によて内容もどんどん変わっていきます。

契約したら、そのままで、内容もよく覚えていないものも多いのではないでしょうか?

ひとつの保険でも、見直すことで、1年間で数万円の節約ができる場合もあります。

複数の保険をお持ちの場合は、かなりの節約ができるかもしれません。

なお、保険の見直しには料金がかかると思っている人も多いかと思いますが

今は、ネットで無料相談ができたり、無料で見直しをしてくれるサービスもあるので、ぜひ、一度チェックをしてみると良いと思います。

自分たちが保険について分からない事や面倒なことも、全てプロの方にお願いすることができますので

自分の保険を見直すと、いくら節約ができるのかを知ることもできますし、

今、一番、時代や自分に合っている保険を見つけることもできると思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする